クラスマッチ

3月8日(木)にクラスマッチを開催しました。
3年生にとっては、前日が公立入試ということもあり、緊張感から解放され、クラスメイトと臨む最後のクラスマッチとなりました。
1・2年生は、先輩たちの胸を借りながら、正々堂々とプレーしていました。

どの試合も迫力ある試合で、1年生が2年生に、2年生が3年生に勝利するという戦いもありました。

生徒たちは、競技プラス審判・線審・確認・召集係とすべてにおいて全力に取り組み、それぞれが輝いていました。

また、生徒会は企画・運営・準備を行い、当日は進行、自分の試合、片づけと疲れを顔に見せることなく、責任もって大会を盛り上げてくれました。
全生徒の気持ちが一つにまとまった素晴らしいクラスマッチでした。

結果

男子ドッジボール 優勝 2C  準優勝 2B
女子ドッジボール 優勝 3B  準優勝 3C 2C

大縄 優勝 1年生 1A  96回 
      2年生 2A 107回
      3年生 3C  70回

総合優勝 2C 準優勝 3C 3位 3B

最後に、運営に携わった生徒の感想をご紹介します。

 私は、クラスマッチ実行委員長として、この行事の準備をしてきました。慣れない作業に戸惑うこともありましたが、生徒会の役員の皆や先生方のサポートもあり、何とか開催することが出来ました。当日は、参加した全員が楽しめており、また、クラスの中での絆も深まったのではないかと思います。そして、大きなけがをする人もなく、クラスマッチの目的でもあった「スポーツを通してクラス間の親睦を図る」こともできたのではと思います。
 このクラスマッチは成功しましたが、いろいろな反省点もあるので、それをこれからの活動に活かしていきます。

 生徒会の一員として、クラスマッチに初めて関わりました。このクラスマッチを通して、生徒一人一人がチームワークを大切にしたり、自分の体をはって仲間を守ったりして、各クラスの絆が深まっていると思いました。
 準備や片付けは大変でしたが、みんなが笑顔でクラスマッチに参加していたので、嬉しかったし来年につなげていきたいと思いました。