柔らかい心と好奇心に満ちた中学時代に、独自の体験学習を通して、ハイレベルな生きる力を身につけます。友情を育み、いっぱいの感動を味わうことができます。

こころcolorの体験学習

こころcolorの体験学習を通して知情意を刺激し、能動性・協働性を育みます。

柔らかい心と、好奇心に満ちた中学時代に独自の体験学習を通して、
ハイレベルな生きる力を身につけます。友情を育み、いっぱいの感動を昧わうことができます。

①豊富な学習体験を自発的に、積極的に、責任感を持って仲間とともに取り組み、

②挨拶の仕方、身だしなみ等を含めて「心から」「自分の色で」実践する運動です。

命の尊さを学び合うAED講習会

単に心肺蘇生の手技を伝えるのではなく、心身が傷ついている人に「大丈夫?」と声をかけ手を差しのべる、思いやりの心を養います。

心肺蘇生教室(1年)

救急救命九州研修所の郡山一明先生と消防局の方の援助を受けながら、2年生の指導のもと学習します。技術習得はもちろんのこと、「We are teammates!」を合言葉に、勇気と思いやりの大切さを学びます。

心肺蘇生教室のための事前講習(2年)

本校のAED講習会は、2年生の有志が1年生を教えるという形で行います。事前講習を受けた2年生が1年生に教えることで、「真剣に向き合う」という九国魂を後輩に伝え、心肺蘇生の指導を通じて「命を大事にする」ことを根付かせます。

友との絆を深める宿泊研修

日常とは違う環境で、共に暮らす中でチームワーク、集団の中で自分を生かしていく力、相手を受け容れる心を養います。

自然体験教室(1年)

英彦山青年の家で3日間自然の中で生活を共にし、英彦山登山や野外炊飯、集団行動等の活動を通じて協調性や公徳心を養います。

古都探訪教室(2年)

日本の歴史や文化に触れ、将来、国際社会で活躍するための素養を育みます。京都では、班ごとに行動計画を作成、バスや電車を乗り継ぎながら自分たちの力で様々な史跡を訪ねます。

海外体験教室(3年)

1週間、英語で暮らす体験をします。オーストラリアの雄大な大地で農場体験をしたり、現地の学校で同年代の学生と一緒に活動したりします。異文化交流を通して、国際的な視野を広げ見識を深めます。

心身の鍛錬、自然と歴史に触れる北九ウォーク

心身の鍛錬を図りながら、「北九州」の歴史や文化に触れ、町の様子を知り、郷土と私たちの未来を考えます。

帆柱連山登山
〈15km〉(1年)

「帆柱連山制覇」の達成感を味わいます。また、皿倉山・帆柱山・花尾山の「帆柱連山」を登り、友だちづくりとともに北九州の自然に触れ、地名の由来や歴史も学びます。

ぐるっと洞海湾~昔と現在~
〈20km〉(2年)

教室の窓から見える洞海湾、我が国の近代化を支えた建物や世界の最先端を行く工場があります。仲間とともに若戸大橋までの道を歩きながら北九州の昔と現在を探ります。

長崎街道ウォーク
〈25km〉(3年)

木屋瀬〜小倉間を全員完歩するのが目標です。班行動で歩き、仲間との絆を深め、心身の鍛錬を目指します。さらに、長崎街道沿いの史跡を発見し、身近に残る北九州の歴史や文化を体感します。

未見の我を発見するキャリアガイダンス

事前学習によって自分の知りたいことを明確にし、メモや写真をとりながら実物を見学、体感していきます。将来のことを考える中で、自分の可能性を広げていきます。

大学体験教室(1年)

まず、卒業生(現大学生)をお招きして、講話を聞きます。そして県内の大学を訪問し、最先端の科学実験や特色ある教育プログラムを体験し、学習したことをレポートにまとめます。アカデミックな雰囲気に接し、実際にさまざまな体験をすることで興昧の芽を育てていくとともに、自分の将来像を具体化させるきっかけになります。

職業体験教室(2年)

まず、卒業生(現社会人)をお招きして、講話を聞きます。そして職業体験教室の事前準備として、キャリアガイダンスを受け、大学就職担当者から企業等のエントリーシー卜の書き方等を習います。現場で働く方々の姿を見聞することで、自己の人生について考える機会を持ちます。

高校体験教室(3年)

まず、卒業生(現高校生)をお招きして、受験勉強の仕方や高校の様子などについての話を聞きます。中学3年生からの質問にも、自身の体験談を交えて答えてくれます。この体験を通して、生徒たちの受験への意識がさらに高まります。7・8月には、各自で高校のオープンスクールに行き、志望校を決定していきます。

ことばとプレゼンテーション

日本語を磨き、英語力をのばす、その活動がプレゼンテーションの場に結びつきます。

プラチナ10(朝の読書)

自分の読みたい本を、毎朝10分間、集中して読みます。短い時間でも、毎日積み重ねれば相当な読書量となります。書物からさまざまな「ことば」を得たり、まだ見ぬ世界に出会ったり。読書の習慣が、語彙力と想像力を育てます。

のはらうた・見えないだけ・百人一首

国語の授業を発展させて1年では「のはらうた」、2年では「見えないだけ」の詩を作ります。想像力を豊かにし、創造と表現の楽しさ難しさを学びます。また、古都探訪教室では、旅行の感動を和歌に託し「百人一首」を編みます。互いの個性を認め合う場ともなります。

夏休み体験発表会〈1年〉

体験学習や思い出に残る夏休みの体験を800字程度にまとめます。発表することを前提としますから、焦点を絞ること、わかりやすい説明などの工夫がいります。また、発表の時には、声の大きさなどにも気を使わなければいけません。みんなの前で堂々と自分を表現する力もつきます。

Dream14発表会〈2年〉

社会人の先輩の話や職業適性検査、市役所訪問などの活動の中でイメージした14歳の今、自分の将来設計をまとめます。自分なりになりたい職業、それになるためのアプローチの方法などを自分の言葉でまとめ、発表します。

セルフイントロダクション(SI)〈3年〉

海外体験教室でお世話になるホストファミリーに英語で挨拶できるように、SIプロジェクトに取り組みます。まず自分の家族の紹介、そして郷土や日本文化を紹介します。お土産や写真などを見せて、英語で説明します。

自分発表会〈3年〉

公立高校入試当日、既に進路が決定している3年生は、趣味や特技、興味があることをまとめたプレゼンテーションを行います。実技・実演等も交えた発表会には、毎年、付属高校の校長先生や4月から受け持たれる予定の先生等も参観されます。